消費者金融のイメージ

消費者金融は、私自身は利用をした機会がありません、よくテレビで見たりするのは消費者金融の広告は昔から目にしておりました、先入観を抜きにしてみると、イメージがよい印象を持ってもらうように、クリーンなイメージの有名人をよく利用する傾向があるように思います。

しかしドラマとか映画とかでは、取立てが厳しく、金利が高い、消費者金融利用者が苦労をしてお金をかき集めている印象が強くなってしまっています。

結構印象操作をされているところが自分自身は思ってしまいます。

もっと具体的にお金を借りることを商売にしているのに、世間の人が持つイメージはマイナスな印象が強いので何らかのイメージ改善を図れるような、取り組みを世間に働きかけるようにしてもらったほうがいいように思います、たとえば、テレビの番組での特集で消費者金融のメリットを具体的に伝えてあげる、一度借りた場合の利息の具体的にどれぐらいになるのかシュミレーション、借りていた人間の体験談など。

そのような内容を世間の人たちが目にすることができれば少なからずイメージが改善するのではないかと思います。

そしてよく借金している人は人間的にだめである、借金はよくない、などお金を借りることは必ず悪いことだという印象を持たせるような世間の風潮であるのもよくないと思います。借金するのも少なからず理由があるはずなのでそこをきちんと理解をしてあげるような環境を作ってあげるような環境も必要ではないでしょうか。

私が思うのは消費者金融はあくまで最終手段であるぐらいに考えておくようにとどめておいていいと思います。そうすることによって、生活の中に万が一があるということもないとはいえないからです。給料が入って返す、それがサイクルにならないように節約できることが何かないかをしっかり家計を見直すきっかけにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です